Archicept city
books media works about us

cover/cover
「cover/cover」は、生地に高精細なプリントを可能にするプリンタを使用する事で、表参道布団店の人気商品「白く清潔な掛け布団カバー」に新たな表現を与えた布団カバーブランド。立ち上げとなる2021年は、若手アーティスト9名とのコラボレーションを実現し、9作品をリリース。アーキセプトシティは、当ブランドの協働事業者として、アーティストキュレーション、クリエイティブディレクションを含めた総合的なプロデュースを実施。
cover/coverサイト:https://covercover.jp

スクリーンショット 2021-09-23 9.00.13

cover/coverロゴ

電飾ボード2021

屋外広告

5aka_B


イラストレーター・グラフィックデザイナー。1994年生まれ。北海道出身。2018年に多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業し、書籍・広告を中心にイラストレーションを提供している。2017年に『第17回グラフィック1_WALL』にて審査員奨励(白根ゆたんぽ氏・選)を受賞。展覧会にも多数開催・出展している。

7井崎_B

井崎竜太朗
1994年生まれ、福岡出身。2016年より拠点を東京に移し写真家として活動。主に、広告やファッション、音楽などのシーンで活躍。また、“色と形の採集”をテーマにした自身の作品制作や展示活動にも注力している。2019年には、初の写真集「Time Machine」を出版。

6カシワイ_B

カシワイ
漫画家・イラストレーター。書籍の装画や漫画を中心に幅広く活動。現在webアクションにて「風街のふたり」連載中。

8金本_B

金本凛太朗
1998年 広島県広島市生まれ。2020年、本格的にフリーランスとして東京を拠点に活動を開始。Webや雑誌など様々なジャンルで撮影を行うほか、作品集の制作や写真展の開催など作家としても精力的に活動している。

1小林_B

小林一毅
1992年、滋賀県彦根市出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業後(株)資生堂でのデザイナー勤務を経て19年独立。紙を媒体とした表現を中心に、パッケージや建築、インテリアにおけるグラフィックデザインの可能性を追求する活動を行なっている。16年東京TDC賞、19年JAGDA新人賞、日本パッケージデザイン大賞銀賞などを受賞。

2デロシュ_B

カンタ・デロシュ/Kanta Desroches
グラフィック アーティスト。大胆なグラフィックで詞的な世界を描き、視覚を超えて、観るものの感覚を刺激する作品を制作。視覚詩や日本美術に影響を受け、パリと東京を拠点に活動する。フランス×日本を体現した新鮮な表現で時代を切り取り、モダンな手法で暖かみのあるヴィジュアルを描き出す。2010年グラフィックデザインスタジオ「LSD Studio」を設立。Steidl、Vogue、Elle、Figaroなど多くの出版物へ作品を提供し、ポンピドゥー・センターのグラフィックも手がける。

9信岡_B

Asami Nobuoka
18歳より独学で写真を始める。日常のスナップ、ポートレートを得意とし、アーティスト写真やCDジャケット、俳優の写真集などを中心に手がける。

4yasuna_B

yasuna
東京を拠点とするイラストレーター・アーティスト。今を生きる女の子が秘めている感情が揺れ動く瞬間を描く。都会的な人物像を洗練された線で表現するイラストは、幅広い年齢の女性から根強い人気を誇る。

3脇田_B

脇田あすか
1993年生まれ。東京藝術大学デザイン科大学院を卒業後、コズフィッシュを経て独立。あらゆる文化に対してのデザインに携わりながら、豊かな生活をおくることにつとめる。また、個人でもアートブックなどの作品の制作・発表を続けており、2019年には作品集「HAPPENING」を出版。

サイトアイコン

作品一覧

スクリーンショット 2021-09-23 12.57.34

website

ページトップへ