• Top
  • Works
  • Service
  • About

架空のSUVブランド「Archicept motors」に対する、モーターショーブースデザインプロポーサル。Archicept motorsは、都市と自然を自在に走り抜ける。その走りは時に、都市を自然に、自然を都市に変換する。デザインは、コンピューターの立体モデリングデータ生成時に生まれるワイヤーフレームを利用して山や谷の稜線を表現している。人工的な自然形状にまとわせる素材にはコンクリート、アルミニウム、カラーガラス、ウッドパネルを採用し、都市と自然のコンテクストを交差させるデザインを目指した。光を透過する特殊な加工を施したアルミパネルは内部照明により発光し、ブースは次々と表情を変えていく。

This is an experimental design proposal of the auto show exhibition booth for “Archiecpt Motors”, an imaginary automobile brand.“Archiecpt Motors” is designed to drive through both in urban and natural environment at will.In our booth design, we have utilized polygonal representation to draw the dynamic ridge line of those mountain and valley.We have also taken advantage of such materials as concrete, aluminium, color glass and wood panel with artificial shapes of those mountain and valley, in order to give a “crossover feeling” between the urban and nature.Our booth changes her expression repeatedly by the effect of illuminating aluminium penels, which have been specially processed for light to penetrate the alumimium.

Motor Show from ARCHICEPT CITY on Vimeo.

クリエイエィブディレクション・デザイン:室井淳司

ページトップへ